業務案内 コンクリート構造物非破壊検査

コンクリート構造物非破壊検査とは

電磁波・弾性波といった物理現象を利用して目に見えない構造物の品質・情報を把握することのできる技術です。 従来は金属材料を主な対象としていましたが、近年ではコンクリートへの適用技術が向上し、 様々な分野で活用されています。

又、コア抜きなどに代表される破壊検査との組合せでベースデータを作成することで、以降は構造物を壊すことなく継続して観察を行うことが可能です。

既設コンクリート構造物

昨今高まってきているコンクリート構造物への「要求性能の高度化」、コンクリート片の落下などに代表される 「コンクリート構造物の高齢化」。これらを踏まえて、効率的な維持管理が求められる時代になっていることは言うまでもありません。

当社は非破壊検査という特殊技術を使用してこれらの維持管理をお手伝いさせていただきます。


橋梁下部工

橋梁地覆

橋梁上部工

基礎

水路(函渠)

建築物