業務案内 配筋探査及びかぶり測定

コンクリートを打撃することで生じる弾性波をセンサーで観測し、 弾性波の伝搬速度、反射時間などを測定して、コンクリート表面、内部の状況を非破壊で調査します。

●設計緒元が現存しない場合…
●アンカー削孔やコア抜きに伴い鉄筋位置を把握したい場合…
●耐震診断などで設計強度を算出する場合…

電磁波レーダ、電磁誘導という2種の測定手法により、コンクリート中の鉄筋(金属反応)の間隔・かぶり深さを調査します。

電磁波レーダ

測定状況

電磁誘導法
使用装置 PROFOMETER5+

測定状況