特殊技術 回転機の設備診断(振動測定)

設備診断の目的

長年の化学プラント保全管理業務の実績を基に回転機器の設備診断を定期的に実施&管理する事でプラントの安全、安定操業及び、稼働率UPと保全率の低減に貢献させて頂きます。

設備診断の有効性

回転機器は正常な状態ではスムーズな回転をしていますが、軸受部品の損傷、アライメント不良等の進行とともに、音・振動・温度に変化が現れます。

【設備診断を行う事で】
(1)現状の状態と寿命を予測できる。
(2)管理数値を決め定期的に診断する事で、劣化の進行状態を評価できる。

設備診断を定期的に実施する事で回転機器の状態が的確に把握でき計画的なメンテナンス施工で修繕費を削減することが可能となります。

簡易診断・精密診断

定期的に回転機器の簡易診断(振動測定)を実施し、絶対/相対判定基準値をオーバーした時に原因(損傷部位、程度等)究明のための精密診断(振動解析)を行います。