中性子水分計による保温材下の外面腐食検査

中性子水分計の概要

保温配管に対して外面検査を行う場合、保温が健全であると腐食箇所の推定が難しいため、従来は保温材を全て解体する必要がありましたが、中性子水分計を用いて保温内部の水分量を計測することで腐食部位を推定することで保温解体箇所を最小の範囲とすることができます。主に、配管の保温材下腐食(※CUI)の検査で使用されていますが、当社のDRシステム(デジタルエックス線)による撮影と併用することで、保温解体前に配管の外面腐食状況を確認することが可能になります。
※CUI(Corrosion Under Insulation):保温材下内部に発生する配管外面腐食

中性子水分計の使用手順

中性子水分計を用いて水分量を測定し、腐食部位を推定

DRシステム(デジタルエックス線)撮影により保温を解体することなく、配管の外面状況を確認

実際に腐食減肉が確認された箇所に対して、保温を解体し減肉の程度に応じた処置を実施

水分量が高く外面腐食が認められなかった箇所についてはDRシステムによる経過観察を行っていく