特殊技術 デジタル式放射線透過検査(エックス線DDA法)

NETIS登録番号 QS-130034-A

試験体の内部に存在する欠陥を検出する方法です。
従来はフィルムに試験体の内部を撮影していましたが、当社が導入したDRシステムは、フィルムの代わりにデータとして画像をパソコンに取り込み、瞬時に内部状況の確認が可能です。

優れた画像処理ソフトにより、撮影後の画像品質を向上させる事が可能です。
放射線源も漏洩線量が少ないパルスエックス線を使用しており、安全性にも優れています。

従来の用途である配管の減肉調査等の他に、航空機の検査,不審物の内部検査等の摘要実績があります。 鉄鋼構造物に限らず様々な分野への対応が可能です。


外管

内管